副作用が比較的少ないアレルギーの薬として使用されているザイザルですが、それでも副作用を無視して服用するのは危険です。眠気や眩暈などは場合によっては大変危険な状態なので、服用するタイミングを一度冷静に考えてみましょう。

  • ホーム
  • ザイザルと肌とニッケルについて

ザイザルと肌とニッケルについて

金属アレルギーの症状は、国内におきましても、年々増えてきていると言われています。
その金属アレルギーのトップの原因がニッケルであり、ニッケルアレルギーへの対策も必要になります。
素肌に直接触れるのはアクセサリー類ですので、素材には気をつけるようにしましょう。
アレルギー疾患の患者数は増加していて、その種類のトップに来るのは花粉症です。
もはや花粉症は、日本の国民病のような存在でもあります。

花粉症の治療薬には、ザイザルの薬もあります。
抗ヒスタミン剤であり、花粉症の時の皮膚炎やアレルギー性鼻炎、じんましんなどの症状に対しての治療をする医薬品です。
ザイザルは飲むことで、即効性がかなり高いお薬でもあります。
でもドラグストアでは売っていないので、ザイザルを使いたいならば病院で処方をしてもらう必要があります。

花粉症の人は肌のトラブルにも悩みがちですし、花粉でかゆみや赤みを感じたりと、いつもよりも皮膚状態の乱れに気が気ではなくなります。
花粉症は皮膚状態を、乾燥させやすくもなりますので、皮膚を守る対策をしていきましょう。

花粉症のシーズンは特にですが、帰宅をしたらすぐにお化粧を落とすことです。
皮膚に花粉が付着をしたままですと、皮膚への負担が増加をします。
刺激が強いのはオイルでのクレンジングですので、ミルクタイプを使いましょう。

洗顔をする時には、いつもよりももっと、優しい洗顔を心がけましょう。
ぬるま湯の温度は30度くらいにして、よく石鹸は泡立てます。
力は入れないで、泡を動かして洗いましょう。
1分以内に泡洗顔をしたら、すすぎをして速攻で保湿をします。
花粉の時期には、スクラブやピーリングは、花粉の時期の間はお休みをすることです。

関連記事