副作用が比較的少ないアレルギーの薬として使用されているザイザルですが、それでも副作用を無視して服用するのは危険です。眠気や眩暈などは場合によっては大変危険な状態なので、服用するタイミングを一度冷静に考えてみましょう。

  • ホーム
  • ザイザルと長芋とサプリについて

ザイザルと長芋とサプリについて

鼻の辛い花粉の季節はサプリもいいですが、ザイザルでの即効効果で症状を抑えることもできます。
サプリはあくまでも健康に作用する食品のカテゴリーに属していますので、すぐに効果が時間できるものではないです。
でもザイザル配役品なので、サプリのように数ヶ月間飲んで効果を実感するという、気長に待つものではありません。
内側からの免疫力向上には、長芋を食べるのもいいことです。

中国のエリアにおきましては漢方薬としても使われる長芋は、かなりの栄養を含む芋になります。
鉄分に亜鉛にカリウムなどのミネラル成分も豊富ですし、ビタミンCにビタミンB群にも恵まれています。
消化酵素であるジアスターゼにグルコシターゼ、アミラーゼも含有しています。

特徴的なのは芋にまとわりつくネバネバですが、これはタンパク質と食物繊維が結合をしている成分です。
長芋のネバネバの正体がそのムチンであり、人間の体内に入り込んで細胞を活性化させる働きをしてくれます。

細胞活性化を得意にしているムチンのおかげで、目の粘膜は守られますので、ドライアイを予防する効果があります。
胃の粘膜に対しましても強くなるので、胃潰瘍を予防することにもなります。
喉や鼻の粘膜も強化しますので、外からのウィルスからも強力に身体を守ることになります。

長芋の特徴はムチンの成分であり、プラスで血糖値が上昇をするのを抑える作用も持っています。
日常的に長芋を食事で食べるだけで、糖尿病を予防することになりますし、高脂血症も予防をすることができます。
それにコレステロールを溜め込むことなく、体の外へと放出することにもなります。
ですので、長芋を食べるのは、ダイエットのためにもいいということになります。

関連記事