副作用が比較的少ないアレルギーの薬として使用されているザイザルですが、それでも副作用を無視して服用するのは危険です。眠気や眩暈などは場合によっては大変危険な状態なので、服用するタイミングを一度冷静に考えてみましょう。

  • ホーム
  • ザイザルと長芋と薬物について

ザイザルと長芋と薬物について

春になれば暖かくて良い季節と浮かれてもいられないのは、花粉症も一緒にやってくるためです。
ザイザルなどの薬物によって、鼻づまりなどをセーブさせて、花粉症のシーズンの生活も駆け抜けていくことができます。
元気な体を作るのは食事であり、長芋のパワーにも恩恵を預かりましょう。
ネバネバとしている特有の芋ですが、これが人間の体を元気してくれる秘訣の野菜にもなります。

長芋といえば特有のネバネバ感で満たされている芋ですが、このネバネバにはムチンの成分が含まれており、ムチンは新陳代謝を活性化させる作用があります。
そして新陳代謝かよくなるものですから、ダイエットにも貢献をします基礎代謝が高くなります。
基礎代謝は1度低いと太りやすくなって、たったの1度アップするだけでも、それだけ身体は痩せやすくなるという、少し厳禁なところもありますが、その基礎代謝が上がるのですから結果オーライというところでしょう。

ムチンの働きはそこどころではなく、新陳代謝をよくさせてアンチエイジングにも貢献してしまうという、女性だったらスルーはできない成分となります。
だからヌルヌルの芋を美味しく食べるだけなのに、自然に若返りの効果まであるという、涙の出るほど嬉しい芋でもあります。

そればかりか忘れてはならぬこととしまして、長芋と言い舞うのは豊富な食物繊維がぎっしりと詰まっております。
相当の量の食物繊維が含まれているために、腸内はグングンとクリーンになっていきますので、生活習慣病を予防留守事にもなります。
中国におきましては、長芋は万能薬という扱いであり、しかも中国が原産国でもあります。
万能薬と行って崇められているだけあって、漢方としても利用されています。

関連記事