副作用が比較的少ないアレルギーの薬として使用されているザイザルですが、それでも副作用を無視して服用するのは危険です。眠気や眩暈などは場合によっては大変危険な状態なので、服用するタイミングを一度冷静に考えてみましょう。

  • ホーム
  • ザイザルを飲んでめまいがしたら医師のもとへ

ザイザルを飲んでめまいがしたら医師のもとへ

薬を飲んでいる女の人

ザイザルは花粉症などアレルギー反応を誘発するヒスタミンの作用を抑えることで抗アレルギー作用を示す薬ですが、この薬を服用するとめまいを起こすことがあります。
ザイザルが原因となってめまいが起こるメカニズムとしては2つの機序が考えられます。

まず脳内のヒスタミンの働きを抑えることによってめまいが起こっている可能性が考えられます。
ヒスタミンは脳内では脳神経の働きを活発にする役割を担っています。
もしこのヒスタミンの作用を抑えてしまうと脳の働きが弱まって覚醒状態を保つことができなくなってしまいます。
同時に小脳の働きも弱まってしまいます。
小脳は平衡感覚を調節する器官であるため、この働きが弱まるとめまいが起こることがあります。
このような場合には脳に対する作用がより少ないアレグラやクラリチンに薬を変更すると、めまいが起こらなくなる可能性があります。
薬の相性は個人差がありますから、自分に合う抗ヒスタミン薬をみつけて花粉症などのアレルギー症状に備えることに重点を置きましょう。
また、アレグラやクラリチンも、ザイザル同様に個人輸入代行の通販で簡単に買うことが出来ます。

また薬に対するアレルギー反応によってもめまいが起こる可能性があります。
薬に対してアレルギー反応が起こると、ヒスタミンがむしろ活発に働くようになります。
すると血管が拡張して血圧が下がります。
すると起立性低血圧のような状態となってめまいや倦怠感が起こることがあります。
もしこれが重篤となってしまうと、呼吸困難、じんましん、吐き気、動悸といった症状が現れるアナフィラキシーショックとなってしまいます。
アナフィラキシーショックを放置してしまうと死に至ることもあるので必ず病院で医師に診てもらい適切な処置をしてもらう必要があります。

ただのめまいと感じてしまうかもしれませんが、このような重篤な症状の前兆である可能性もあるため、重篤な症状が起こる前に早めに病院を受診するようにしましょう。

▼アレルギー症状には自分に合った薬を服用することが大切です
クラリチンを通販して花粉症に備える!

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索